アクセスカウンタ

大いなるメモ帳

プロフィール

ブログ名
大いなるメモ帳
ブログ紹介
風の吹くまま気の向くまま、思ったことをだらだら書き綴っています。
日記とかゲームのリプレイとか、もう無節操なほどに。

筆者:ほしみ(食物繊維)
WEB拍手 http://webclap.simplecgi.com/clap.php?id=eyek
zoom RSS

「とりあえずライトニングレイルを止めよう」

2017/12/17 00:14
TRPGしてきました。
D&D3.5版、エベロンキャンペーンでした。

シナリオのあらすじ:
マッドストーンからカルナスの首都コースに帰還した冒険者たち。
ヒロインの少女をカルナス国家に預けるが、そんな彼女が何者かに誘拐され……。

冒険者の内訳:
ファイター……「いいか、イリシッドは殺すと復活する。だから封印するんだ」
ソーサラー……これだから豪胆マーク持ちソーサラーは……w
クレリック……骨鎧にライト! 骨が光った!!
ローグ……僕PC。AC上げようと頑張ったのに!
ドルイド……相棒使い魔に騎乗したらきっとカイリキーだっこ
ジャガーノート……今回から参加!

ファイターPLがリアル事情でキャンペーン参加が難しくなってしまうというので、新しいPCと合流しました。
ウォーフォージド・ジャガーノートでストリートファイターな傭兵! 得物はスパイクトチェインだ!

シナリオの感想:
マッドストーンにはとあるデルキールの肉体が封じられていて、精神は分割されて何人かの存在に宿っているとかそんなことが明かされました。
その分割された精神のひとつを持つのがカルナス編のヒロインの女の子。
ただ、地下竜教団側にも精神のひとつを持つイリシッドがいるんで云々みたいな。

んでもって、今まで「どうして異形と翡翠爪騎士団のアンデッドが同時に出て来るの?」みたいな展開がちらほらあったんですが、地下竜教団と翡翠爪騎士団(の一部?)がこっそり手を結んでやがった!(笑)
「とりあえず今のカルナス(っていうかカイウス王)にダメージ与えられりゃいいや」みたいなノリで!

そのうちPCに敵対した組織全部手を組んで襲ってくるなんてないですよね……?(流石に今のところ堂々と敵対してるデカイのはこのふたつだけか……)

ボーンナイトなクレリックがカイウス王に呼び出されて「カルナスの中で不利な立場になっちゃう(ヴォルの血なんかに敵対することがあるから)けど、カルナス国家とカイウス王の意に沿って動く個人エージェントみたいなのになって?」みたいなこと言われたり、そのための手助けとしてウォーフォージドPCが雇われてPCに合流したり。

また、クレリックの幼馴染のシルヴァーフレイムのパラディンが「地下竜教団を追っている」とかで出てきたり。
(このクレリック、PC設定で幼馴染三人がそれぞれカルナスの騎士、翡翠爪騎士団、シルヴァーフレイムに別れたとかそんな感じ)

で、前回まで同行してたカルナスのエージェントがライトニングレイルの中で殺されて、一緒にいたはずのヒロインがいなくなるなんて事件が発生したと。

「とりあえずライトニングレイルを止めよう」

「よく止まるライトニングレイルだな!」

このキャンペーン、ライトニングレイルで殺人が起こったり、ライトニングレイルの線路を爆破しようとするヤツが出たりしすぎませんか……(笑)

サークルダンスとスクライングとサイオニックの何かでヒロインがアッシュンスパイアズのどこかにある翡翠爪騎士団だかのアジトに連れて行かれたことがわかる。善優勢なPCたちは一刻も早くヒロインを助けるために、ガランダ氏族に大枚はたいてテレポートしてもらってから、速歩と強行軍で受けるダメージをキュア呪文で治しつつ突き進む!

前述NPCパラディン「(行軍に)ついていけない」

このパーティ(っていうかうちのサークルのD&D3.5版のセッション全般)こんなことばかりやってる気がする……w

ドルイドPC「君、野営は大丈夫なのか?」

ジャガーノートPC「(ニヤリ)よくぞ聞いてくれた」

コイツ、非致傷ダメージ受けないので速歩し放題!
しかも寝ない(ウォーフォージドだから!) 野営の見張りは全勤出来るぜ!

(このパーティが秘術使いだらけで野営の睡眠時間にいつも苦労していることをPLが知って作成されたキャラなことありますな……)

まぁそんなこんだでまともな呪文の組み換えもしないまま(とはいえクレリックとドルイドは祈りなので大丈夫だったのですが)突撃した中には。

強大なシャドウ
ドレッドレイス
クリムゾンデス
ムーンカーフ(モンスターマニュアル2の魔獣)
吹き抜けになった大きな空間の一番下にヴォイドマインド種のアイアンクラッドモーラー2体
お飾りのカルナシゾンビ数体

( ゚д゚)

いくらソーサラーが一瞬で焼き払うからって、ちょっと非実体アンデッド多すぎじゃないですか……!?
あとスクライングなんかでこいつらの存在ある程度は知ってたんですが、知ってなきゃ大惨事だった……。

訂正。知ってても大惨事だった。

ムーンカーフが吹き抜けで足場のないところからクレリックを掴んで引き寄せて下にぽいっ→100ft下にアイアンクラッドモーラーが待ち構えている!

そんな、まるでシャーンにいるみたいな戦法……!!

で、ここから起こった出来事が……D&Dらしいとしかいいようがなかった。

フライで飛んでた僕PCが挟撃位置でウォーフォージドPCの突撃を待機



ムーンカーフ、ウォーフォージドPCの突撃を機会攻撃で足払い。ウォーフォージドPCすっ転ぶが、追加攻撃はACで弾く



僕PC、待機アクションを行えずムーンカーフの隣接位置にぽつん



ムーンカーフ、全力攻撃で僕PCを8回殴る



僕PC、見事HPマイナス(治して貰わなきゃ死んでた)



飛行速度貧弱でホバリングも持っていなかったムーンカーフ、落下



落下先にはさっき落とされたクレリックが!!



クレリック、反応セーブに失敗しムーンカーフに押し潰される(死にはしませんでした)

( ゚д゚)

他PCから攻撃受けてた上に、この落下ダメージ40点くらい入ってたんですが、それでもムーンカーフぴんぴんしてましてね……。

PL「D&Dのムーンって『むちゃくちゃ強い』って意味ですからね!!!(半ばキレ気味)」


とまぁ、またもや死にかけました……おかしいACには気をつけてたのに(待機してた行動で攻防一体入れる予定が入れられなかったのが痛かった)

うーむ、まだまだ成長計画練り直さなきゃ…………。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

大いなるメモ帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる